Archive for the ‘日記’ Category

チョコを食べた時に顔にニキビができてしまうことが多くある

土曜日, 11月 23rd, 2019

美容で気を付けていることは、食事に関する事です。
間食を食べるのはできる限りしないようにして、脂質の多いものは食べ過ぎないようにしています。
自分は、特にチョコを食べた時に顔にニキビができてしまうことが多くあるのです。

お菓子なんて、体の栄養分は含んでおらず、カロリーばかり摂ってしまうので毎日は食べないようにしています。
間食は、週に1~2日ほど頑張った自分のためにと少しいただきます。
ガマンをすることもストレスになってしまうためいい影響はないと思うからです。

いつもの食事は、野菜・魚料理・果物を多めに摂ります。
とりわけ、野菜とフルーツは日々いっぱい食べるようにしています。

体を動かすことも美容のために行うようにしています。
自分自身は、週5でヨガを行っています。

仕事で時間のない日などは、15~30分、休みの日は1時間程度ホットヨガを行います。
ホットヨガをすると、ストレスフリーになり気分転換になるのです。
あとダイエットにもなるので、やめられないです。
これからも美容に有効な事を模索しつつ、生活していきたいと思っています。

女性であれば全員が毎日の肌の調子など美容の事には関心が高いのではないでしょうか。
わたしが常にできる美容法として注意している事は食事です。
美しい肌を維持するのにはクレンジングとか洗顔などといった基本的なスキンケアは言うまでもなく大切なことなのですが、体の中を健康にする事も大事なのです。

なかでも腸が元気でないのはよくないことなので、便通を改善するようなお食事を毎日するように注意しています。
食物繊維を沢山含んでいる野菜を中心に、大豆製品などもバランスよく食べるようにしています。
生の野菜サラダがたくさん食べられない場合はスープや鍋にしたり、温めたりして毎回の食事で少量でも食べるようにすればお通じも良くなります。

高カロリーのおやつなどはできるだけ控えて、βカロテンやタンパク質などが入っている飲み物を毎日、飲むように習慣づけると腸がしっかりと働くようになりお肌の質もいい感じになります。
からだの内側が健康的になればおのずと肌質も健康的になっていきます。

ワタシが何よりも気をつけているスキンケアはUVカットです。
初夏の太陽光線は本当に紫外線が強く非常に皮膚に悪そうです。

ことに車に乗っているときの紫外線ダメージはすごいです。
UVカット手袋は言うまでもなく襟元をガードする事も必須です。
油断してUVカットストールなどでガードせずにいると、痒さと赤みが出てきてかぶれを起こすこともあり、わたしは主に初夏ころにそういう肌トラブルが起こります。
皮膚炎をおこすとそこだけが別の箇所よりも乾いた肌になってしまうので、首元に皺が出来るのが心配です。

という事でこの時期の美肌術はいつにも増して一生懸命やっています。
UVカットクリームは顔周り、首周り、手元に塗布してから、手や首をUVカットグッズで覆います。

更には、夜のケアでスキンケアを入念にして、水分補給、保湿をやります。
クレンジングで毎度いらない皮脂を除去しつつ癒やしのリンパマッサージ、そして、顔を洗う石鹸はしっかりと泡を作り顔面に満遍なく塗って数分待ってから擦らないように水洗いするというお手入れ方法です。

スッキリして本当に気持ちが良いです。
ぜひ試してみてほしいです。

実年齢よりも老け込んだ見た目にならないように紫外線対策

日曜日, 8月 18th, 2019

日々、気温が上昇し、紫外線の量も上昇してきました。
UVダメージとしては、しみが出来るだけでなく、乾燥小じわも見られるようになり、実年齢よりも老け込んだ見た目になることにもなりかねないので、紫外線対策は重要です。

差し当たり色素沈着も乾燥じわも無いからって、油断していると、絶対に悔やむときが訪れます。
そう地団駄を踏まないように、煩わしいけど家を出る時には、しっかりとサンスクリーン剤を塗布し、日やけ止めマスクや日よけ帽子、手袋、コットンストール、パラソル等紫外線予防の完璧なバリアーのもと外に出ています。

見てくれは随分いかがわしくなります。
私自身も承知しています。
なるべく誰の目にもとまりたくない見てくれなんだけど、紫外線対策のため、5年後、10年後のシミやシワのないお肌のためだ、と私自身を説得している次第です。

またUVカット効果のあるサングラスまでつけているので、変人感が更に倍!時間に余裕がなかったりすると、面倒臭いのですが、避けられないことなのです。

ほかにも午前にはビタミンが豊富な果物を「フルーツスムージー」という形でとっています。
イチゴを使ったり、甘夏やらピンクグレープフルーツやら、ジュースにしてしまえば、かなり口にすることが出来ます。

どことなく皮膚のキメが良くなり、スキントーンも明るくなった感じもします。
このナチュラルドリンクも目に見えて有効性がみられるのでこの先も長く続けていこうと思います。

私はお肌のためにできる限り野菜を豊富に使った食事をとるようにしています。
生野菜をとるとからだの中から綺麗になれると聞いたので、野菜サラダもよく食べています。
あっさりした味付けの和の家庭料理をよく作ります。

脂の多いギトギトしたものじゃなくて、煮物や焼き魚などのヘルシーなおかずを食べるようにしています。
ほかには、スポーツをしたりして適度に体を動かすようにしています。

1つ前のバス停から家まで歩いて帰ったり、ヒマなときには近くの公園でランニングしたり、プールで泳いだりしています。
スポーツをすると血行が良くなって身体がぬくぬくとしてきて、血色も良くなります。
更に日常のストレスの解消にもとても効果的です。

それから、きれいな肌を目指して洗顔にも気を付けています。
泡立てネットを使いしっかり泡を作ってから、こすらず優しくアワで包むように洗います。

それまではニキビによく悩まされていましたが、洗顔のやり方を変えてから近頃はにきびがあまり出来なくなりました。
ついでに言うと洗顔料で洗うのは夜の入浴時だけで、朝起きたあとはぬるいお湯で念入りにすすいでいます。

美肌になる為に人とケンカをしたりトラブルが起きないように気をつけているんです。
いくら食べ物に気を遣っても睡眠時間をとるようにしてもトラブルだらけの生活では美しくなれないのです。
もめごとの無い、人間関係が常によい状態を保てるように心がけています。

人との関係が悪くなると自棄を起こしたり食事がいい加減になります。
食生活が乱れると美容に良くないですよね。

また生活が崩れることで睡眠の質も悪くなります。
深い眠りにつけずちょっとした物音で目覚めるようになるのでお肌には大変よくないことです。

美しくなりたいとき美肌に効果のあるサプリを摂ったり食事に気を遣うことは勿論よいことです。
そういうことに気をつけても悪いことにはなりません・・・。

ただ、そういうことだけに一生懸命で人との関わりをいい加減にしているともめごとになることもあって、それが原因で美容にダメージを及ぼします。
煩わしいと思うこともあるけれど美肌になる為に人との関わりを大切にしています。

睡眠は肌へかなりの影響を与えるんだと実感

土曜日, 8月 17th, 2019

睡眠の質が悪いと確実に肌に悪影響を与えてしまいます。
あたしは数年前に深夜型の生活をしている時がありました。
毎晩2時くらいまで起きていて、朝は10時頃起きていました。
約8時間は眠ることができたので、体調が悪いということもありませんでした。

けれども、日増しにまぶたの下のたるみが大きくなっていきました。
最初は何が原因なのかわからなかったのですが、一年くらい過ぎてから夜型の生活をやめたとたんに、その症状が治っていきました。
やはり睡眠は肌へかなりの影響を与えるんだと実感しました。

毎晩、寝る時間が遅くなると、どうしても肌に悪影響を及ぼしてしまうので、どちらも8時間睡眠だけど質がだいぶ低くなってしまいます。
時間を有効活用できるという意味でも、早寝早起きは理にかなっているような気がします。
夜9時には就寝して、朝は5時か6時には起きる生活をしていれば、肌の具合もいい感じになるのかもしれません。

でも、実際には夜の9時に寝ることは無理があります。
夕飯を食べて何もやらないで眠れる環境ができたら、できるようになるかもしれません。

スレンダーボディは毎日の積み重ね。
それを肝に銘じて過ごしています。

元々スタイルがいい女子でも年齢とともに代謝機能も落ちてくるわけですからだれだってデブになる可能性があるのです。
だから、一生おデブにならないようにしようと思っていれば知らぬ間に太っていたなんていうことだけは回避できます。

あたしのダイエット法は特に変わった所もなくて食べたいものは気にしないで食します。
でも、ここでは摂取量に気をつけるというのが大事です。
腹八分目という状態になったらちゃんと終了させる癖をつけています。

食事直後には若干物足りなさは感じるものの、しばらくするとそれでちょうどいいんだとなりますね。
温かいお茶、コーヒー、紅茶をご飯が済んでから摂ることでお腹をいっぱいにするという策もあります。

夜ご飯はどか食いしても苦しくなるだけですし、寝際にお腹がグーって鳴るぐらい、お腹が少し減っている状態で眠りにつく方がいいと思っています。
寝ている間にもっとカロリー消費もするでしょうし、エネルギーが余って貯蔵されるということはなくなります。

どか食いは禁物、しかし摂取したい食品は口にする。
この絶妙なバランスで食事をしていく事が「美」や「健康」の為になる気がします。

「残す勇気」などの名言があるように食べ足りないくらいで続けていくのが「失敗しないダイエット」のポイントです。

過去には全然気にしていなかったのですが、最近では美容については一番に保湿することが大事だと思いました。
毎年、肌の潤いがなくなっていっているのを実感していました。

元より、年齢が上がった事での水分量の減少、夏の季節は冷房、冬の時期は暖房がしっかりと効いた仕事場で一日中働いていることで生じる肌の乾燥、夏の季節の日焼け、冬の時期の乾燥など普通に肌が乾燥する当たり前の状況下で日々を送っている為、埋め合わせをしなければどうにもならない状況でした。

それから、水分不足はシワになる原因になってしまいます。
そうならない為に保湿が肝心になってきます。

少し値段が張りますが、少し前から化粧品を保湿重視のラインナップで取り揃えました。
高価な物だけがいいという事ではないのですが、いくつになってもハタチくらいの子が使う様な化粧品をいつまでも使っていても駄目なので、年相応の化粧品を使うようにしました。

やはり、しっかりと効果が現れて、保湿効果もあってカサカサ肌になるのを防げている感じがします。
だからかは分らないのですが、私は自分で言うのもおかしいかもしれませんが、年齢のわりにはそこまでシワは多くないです。

お肌に潤い感があると化粧のノリも変わってきます。
保湿って本当に重要だと思います。

身につけている衣服によって汗の匂いが強くなる

金曜日, 8月 16th, 2019

子供の頃から汗っかきの自分は春の終わり頃から職場でちょっと軽作業するだけで汗が出てきます。
そういう時に気になることがあります。
身につけている衣服によって汗の匂いが強くなる事があります。

臭ってくる衣服はもう分かっています。
Tシャツはなぜか大体ニオイがキツくなります。
なかでもコットン素材はにおいが強くなりがちです。

それからトレーニングウェアです。
臭いが強くなりがちなのは低価格な品ばかりです。
中に下着を着用すればにおいにくいのですが、余計汗が出そうなので着る気になれません。

むかし健康番組で汗が出て臭くなるのはカラダの衛生状態が関係しているので、常に清潔にしていればニオイはしないという話をしていましたが、寝る前に身体を洗ってそのまま就寝し、早朝出勤して動いた瞬間いやなニオイがしてくる事もあります。

この臭いも涼しい場所に行って発汗しなくなってくると感じなくなりますが、周囲の人はクサいと思っていそうなので心配になります。
諸々の汗臭対策を考えた結果、汗が流れても臭くならない衣服を着るのがいいだろうと思って実施しました。

結論としてはニオイが発生しにくいと感じていた服も臭いが発生していることが判明し矢張りインナーシャツを身につけないと少なからず汗臭がするという事ががわかりました。
そうは言ってもインナーが臭いを防いでいるのではなくて、重ね着をしているから臭さにフタが出来ているんじゃないかと疑念を抱いています。
素材などによって汗臭が出やすいものと、臭いにくい洋服が存在する事はよく分かりましたが、この頃はこれはもうどうにもならないなとあきらめています。

私は酸っぱい汗のニオイを拒否してしまいます。
スーパーなどでお酢をつけているかのようなニオイがする方がいるので、心苦しいのですが耐えることができなくて咳き込んでしまいます。

その方々を観察してみてもお風呂に入ってなさそうな人は居たのですけど、ちゃんと清潔にしていて髪のセットもちゃんとした人もいるのがわかりました。
体臭があるのかな?なんて思いましたが、ちょっとの酸っぱさなら耐えられるのですけど酢をまいたような感じの臭いがする人は気の毒だなとそういった方にあったときに思うことがあります。

自分ではどうしようもない事だと思うのでデオドラント剤を使用していてもダメなんだろうななんて思いました。
みんな何かしらの臭いがあるのにその人のことばっかりをクサイというのはちょっと抵抗あるのですが、本人が気を付けているのだからしょうがない事だと私も思うようにしたらそんなに臭いが気にならなくなったのです。
自分自身も汗臭い瞬間はあるのだと思うといたわりを持つ気持ちになるんだとふと思いました。

私は手汗の量が酷くて、勉強の際にはとても厄介です。
夏の時期に勉強をする時とか、エンピツを握って何か大量の書き物をしている時には確実に手汗をかくので、ペンが滑り落ちるので書きにくくなってしまいます。

対処法として、お勉強をするときは数分おきに手を洗うようにして、保冷剤を手に取って手の平を冷ましてみたり、ハンカチを握りながら鉛筆を握っていますが、いずれも改善策とは言えないのです。
勉強に力を注ごうと思っていてもえんぴつが滑ってしまい字が書けなかったり、手のアセのせいでノートがふやけたりした場合やりたくてもできないので参ります。

冬場なら汗をかかないので勉強もしやすいのですがね。
今は子供の授乳の時にも手汗をかくので、ベビー服に汗が染み込んだりしていて大変なんです。
汗を止めようと思っても止まらないものなんです。

とはいえ、手にかく汗の為にクーラーに頼るというのももったいないですしね。
皆さんはそんなことないのかななんて考えますが、とりあえずなにかで汗が止まるように足掻くしかありません。

春夏秋冬汗に関する悩みって無くなることは無く、暑い季節は暑いがために出てくる汗なのでいつまでも発汗しているので、やはり臭いが気になってきます。
汗が噴き出している最中より汗をかいた後のじめっとした状態が好きではないので、発汗しないようにするのが私にとって一番の問題です。

とはいえ、何もケアしなかった場合汗は掻くものなので、防止策として複数のアイテムをやってみたのですが、発汗量を抑える物が向いているみたいです。
この制汗剤は、スプレー式、塗るタイプ、汗拭きシートなど沢山ありますが、使用感・親近感では当然スプレータイプです。

白くなってしまう場合もありますが、直で素肌につけたり手に触れて使用したりですと手を洗ったりしないといけないし、出掛けている時にも使える事を考えるとスプレー式であれば、取り出してすぐに汗をかいた所をケアするだけで完了しますし、好みの香料など汗以外の部分でも楽しめたり、さらに吹き付ければスーッと冷やしてくれるので気持ちもリフレッシュできます。

今現在よさそうだと思うのが、服にスプレーすれば、消臭効果が持続できるイオン系の消臭スプレー。
一回吹き付ければ次に洗う時までこの消臭効果を維持することが出来るという便利アイテムで、洋服の他にもファブリック製品にも対応するとのこと。
あんまり洗えないようなものに使うといいと思います。

自分は三十代で専業主婦をしていますが、自分の体臭が気になって仕方ありません。
過去より少し腋臭があるあたし。
日常的にワキガには神経過敏になっており、常時ワキガ専用のクリームでケアしています。

けれども、人が大勢いる場所とか緊張していた場合クリームでケアしたとても流れてくるワキからの汗にはもっと悩まされます。
暑い季節に、薄着になるとワキ汗が染み出ると汗ジミになって目立ちますし、脇のニオイも不安になります。
重ね着しなくなることで、周囲の人にバレたくない、感づかれたくない自身の身体のコンプレックスをさらけ出すような気持ちになり、余計に気分が落ち込むのです。

そんな私ですが、この間腋臭に効果的なセッケンに巡り合ったので、それを使用するようになったら臭いが改善された気がします。
汗じみを目立たせないようなわきを締めつけない洋服を選ぶとか、インナーをコットンやシルクの物にするなど、ちょっとした工夫でまだまだ改善されるって思うし、自身の体臭にももっと前向きになれると思うこの頃です。

参考:わきがクリームの選び方!効果が実感できるおすすめのわきがクリーム
URL:https://www.wastetechinc.com/

入浴時の洗い方で肌トラブルが避けられるかも

木曜日, 8月 15th, 2019

吹き出物ができないように、お風呂に入ったら洗顔は終わりの方にしています。
思春期の頃、ニキビに悩んでいて、あれこれと手がかりを調べていたら、入浴時の洗い方の順番についての記事を見つけました。

洗顔した後にシャンプーで髪の毛を洗うと、折角きれいに洗った顔に髪や頭皮を洗った泡とか、シャンプーリンスそのものが付いたままになって顔を洗った意味が無くなるようなのです。

それらを顔に残したままだと雑菌が増えてニキビの原因になるとありました。
仰る通り言われてみればそうですよね。

実際私はその当時顔を洗ってから体を洗って、汚れが落ちた体で一旦湯船に浸かって温もってからシャンプーして終わりでした。
この順番がニキビを作る要因の一つだったとわかりその日に順番を変えました。

同じ理由から胸や背中のニキビの原因になると考え、洗う順序を最初に髪、次に体、最後に顔にしました。
それ以来ずっとこの方法で洗っていますが、にきびは随分少なくなりました。

顔面のニキビは多感な時期ということもあったのでしょうが、体のにきびはびっくりするほど減りました。
習慣を見直せば毎日でも面倒なことは何もなく長く続けることができるので基本的な改善にもなってとてもいいことです。
是非お勧めします。

全身美容のために凄く意識して実行している事はこれといってないのですが、夏でも肌の潤わせるようにしています。
保湿ケアというと乾燥シーズンや冬などの季節のものという感じですが、夏場でも潤い補充をするようにしています。

暑い季節のおフロタイムは湯船にゆっくり浸かるという事が中々しなくなる時期でもありますよね。
するとおフロから出た後の肌メンテもいい加減になりがちです。

暑い季節は紫外線がお肌にダメージをあたえます。
お風呂場では保湿ケアが出来るボディーソープなどで体を洗っています。

皮膚にあまり刺激を与えたくないのでボディ用スポンジなどにも低刺激のものを愛用しています。
湯上り後は体用保湿クリームを足の爪先から全身にかけて塗っています。

春の時期の日差しは肌を焼きつける力が凄いです。
ちょっと出歩いただけでも日光でダメージを受けてしまいます。
首周りや手や足先などいつのまにかやけていると言うのがほとんどです。

紫外線防止は夏場だけではなく夏前のシーズンもキチンとサンスクリーン剤などをつけてやっています。
仕事を終えて家に帰ると、疲れてしまってすぐに布団に横になりたいこともあるけれど、何があろうとメイク落としと洗顔をするようにしています。

ときどき「メイク落としできなくても問題ないファンデーション」や「時間がなくてもすぐに化粧を落とせるふきとるだけの化粧おとし」というのを雑誌の広告で見かけたりしますが、どれだけ肌に良いファンデーションだとしても、肌にとっては化粧をおとさず眠ってしまうことは信じられないことだと思います。

そして、ときどきなら良いですが、ふきとるだけの化粧おとしをずっと使っていれば、間違いなくお肌に悪いです。
肌に必要な角質までも削り取ってしまう可能性がありますので、拭き取りタイプの化粧落としは使わないで、丁寧に化粧おとしで顔を洗い、それからまた顔を洗います。

二度洗いは不要というクレンジング剤の場合でも、2度洗いをすることで肌トラブルのない状態でいられるのです。
洗顔後は、きちんと化粧水で水分を補い、保湿をすることも大事です。

お金をかけなくたって普段からやれることはあれこれある

水曜日, 8月 14th, 2019

自分は只今育児奮闘中です。
まだ2歳でやる事が多いので、自分に時間をかけている暇はありません。
しかし、そう言い訳をして体重の減量を目指さない人っていますよね。

因みに自分は太っていません。
一日三食もりもり摂取しています。

わたしは、日常的に「ながら」で体を動かします。
「ながら運動」とは、何かをしながら運動することです。
わたし自身がしていること、具体的に言うと物を拾う動作をスクワット運動でしてます。

それと、炊事洗濯をするのもノロノロとした動きではなくスピーディーにしています。
個人的な意見ですが、やっぱり太っている女性の動作ってゆっくりだなぁと思います。

あとダラダラと家事をしては、小休止。
その上ひと休みする度にお菓子を食べていますね。

わたしは多少区切りがつかない限り休憩タイムをとりません。
休憩の時はコーヒーを飲んだりいくらかお菓子も食べます。

その他には、バランスのよい食生活です。
肉類ばかり食べずに栄養バランスを考えて、野菜系、魚介類もキチンといただきます。
体型だけでなく肌質も改善されます。

こういった気を使った食生活、動きをしていると老廃物も排出しやすくなるし良質な眠りにもつながります。
お金をかけなくたって普段からやれることはあれこれあります。
先ずは自分自身の行動習慣を改めてチェックしてみましょう。

美容のことを考えて食べ物で気を付けていることが二つあります。

1つ目は体重を落とすために、体脂肪をつけないようにし筋肉量が増えるように努力しています。
人の体はじゅうぶんな蛋白質量を摂らないと体の筋肉が落ちて、基礎代謝量が下がり次第に脂肪の付きやすい体になります。

それを知ってから、毎日意識的にタンパク質を摂取するようにしています。
一回で摂取するよりも食事の度に摂った方がいっそう筋肉が増えるようなので、忙しなくてご飯を食べる時間のない時はプロテインパウダーを飲んで補うようにしています。

2つ目はしみを防ぐために、ビタミンCを摂るようにしています。
美白や美肌の効果のあるビタミンCはタンパク質との組み合せもよいので、あわせて摂るとコラーゲンがつくられ、お肌にハリが出てきます。
いっぺんに摂っても蓄えておけない栄養素なので、栄養補助食品ではなく3回の食事で摂取しています。

好き嫌いなく野菜とくだものを食べることで摂取できるので、そんなに意識することもないです。
UVクリームで外からしみを予防すると同時に、からだの中からも美白にしていくためにこれを続けています。

時節や歳でスキンコンディションが変わるキッカケってあるんですよね。
その原因や本人に適切な肌メンテは必要ですが、わたしが意識しているのはメイクオフに関して。
そこまで濃いめの化粧じゃないのだけど、クレンジングは丹念にやりたいのです。

因みに普段のメイクは、下地クリーム、クリームファンデーション、パウダーです。
目のメイクは肌が黒ずんだりするとイヤなので、普段はやらないことが多いです。

自分はオイル状の化粧落としを使っています。
おフロに入りながらオイルをなじませつつとっていきます。
たっぷりつけて柔らかく滑らせます。

やっていくうちに角栓と思われるゴミが手の平に付着してきます。
付着しない日もありますけどね。

オイル状の化粧落としの使用時間や量など、各々の肌状態を踏まえて使ったほうがいいと思います。
私はこの方法が一番みたいです。

最近出来た彼氏にも肌を褒められる程です。
無論お化粧をオフしたら顔全体の汚れを洗い流し、ローションそしてクリームを使っています。
メイクは殆どの女性が行います。
日課となるクレンジングを再点検してみることをおススメします。

同じ年齢の女友達にちょっぴりでもリードしていたいという本音もある

木曜日, 5月 30th, 2019

「決して、焼かない。」と強く思ってはいませんが、本来は極力日焼けはしないように普段から注意するようにしています。
ですから年がら年中、日焼け止めクリームは顔に使っているし、日差しが強い暖かな時季は朝から帽子が欠かせません。

生まれつき(自分で言うのもおかしいですが)私はお肌の色が白いため、周りの人よりもシミやそばかすが目立ってしまうし、年齢からして肌の艶が無くなってきていることを自分でもわかっているので、乾燥の元になる紫外線をなるべく浴びないように気を付けています。
それから、保湿をしっかりし、肌のことを考えて毎日、定期的にビタミンCほか病院で処方してもらったクスリも内服しています。

何やかやとお金も要りますが、今の自分の年齢にあわせて色々やらなければいけないことがあるということはどうにもならないことだし、どうにもできない事と諦めるつもりはないので一通り、私なりに今出来ることを色々試しているところです。
何としても、若いと言われたいわけでもないのですが、同じ年齢の女友達にちょっぴりでもリードしていたいという本音もあるにはあるので。

あたしは今子育て中です。
まだ3歳で世話が焼け、自分に時間をかけている暇はありません。
でも、それを理由に体重の減量を目指さない女の人がいます。

ちなみに自分は痩せ形です。ゴハンもいっぱい食べます。
ワタシは、ながら運動をします。
「ながら」運動ダイエットとは、家事などをやりながら体を動かす事です。

私が実行している事は、一例をあげると物を拾う動作をスクワット運動でしてます。
それと、家事をするときのんびりとやるのではなくスピーディーにしています。
私が思っていることですが、矢張り体重が多そうな女の人の挙動はスローだなっておもいます。

あと一つ作業を終えるたびに腰かけて、ひと休みします。
それだけでなくそのたびに小腹を満たしたりします。
私は多少区切りがつかない限り休みません。
休憩タイムには飲み物を楽しんだりちょっぴりお菓子も食べます。

そして、食事内容です。
肉類だけではなく栄養不足にならないような献立、ベジタブル類、サカナもちゃんと摂り込んでいます。
体型だけでなく美肌にも効果があります。

そして配慮した食事内容、動きをしていると便秘も解消されますし質のいい睡眠もとれます。
お金をかけなくたって日常生活で出来ることがたくさんあります。
一度毎日の過ごし方を再点検してみてはどうでしょう。

10年程前までかなりのニキビ肌だったので、肌に関してはある程度気をつかっています。
そうは言っても、何か変わったことをしている訳ではないし、高いスキンケア商品を使っていることもありません。

わたくしが、美肌を目指して今までのあいだ色々なことをしてきて感じたことは、高価な基礎化粧品じゃなくても、きちんと自分に合った商品を見つけて使っていく事は大事だと思っています。

ちょっとしたことかもしれませんが、暑い季節だけでなく年じゅう、日焼け止めクリームを塗ったり、洗顔フォームはしっかり泡立てたり、時にはフェイスパックをしたり、それと、スナック菓子などはできるだけ食べないようにしたり、オレンジやイチゴなど肌にいいので果物も摂取したりと自分で手軽にできる事を日々コツコツと続けています。

「それだけの事?」と思う人もいるかもしれませんが、こうしてコツコツと取り組むことが重要なんだと思います。
ニキビだらけの肌が綺麗になり約8年。
こんな努力を続けて現在も変わらず美肌です。
今後も、頑張りすぎずに続けていってきれいな肌をを維持しようと思います。

30代になりフェイスラインのくずれとアゴ下のもたつき目立ってきました。
体重が増加すると痩せにくくなり、年齢による「基礎代謝量」の減少がその理由だと睨んでいます。

これでは危険だと思い土日にはエクササイズウォーキングを行うように決めていますが、おなかや腰の余分な肉は若干なくなりましたが顔自体のたるみは相変わらずです。
フェイスラインのくずれは年寄りみたいだし、シュっとしていない顔はとても肥満な人という感じになります。

何とかいい方法がないかとPCで検索した結果、顔の筋力トレーニング・「リンパマッサージ」・つめたくする、の3つでフェイスラインのくずれが消えるみたいなんで只今お試し中です。
顔やせストレッチは、舌を思いっきり出す・首を伸ばす等々のエクササイズです。
いざやってみるとボキボキと聞こえてきて、いかに何もしていなかったかを思い知らされました。

「リンパマッサージ」は、お風呂あがりにフェイスライン、首ライン、鎖骨あたりを手で流すというもの。
私は特に二重になったアゴをマッサージしています。
マッサージ後は保冷パックで首部分を冷たくします。
このことで流れが改善されるのです。

今はまだやり始めて七日ほどですが、なんだかぽっぺがスッキリしてきた気がします。
きちんと効き目が得られるまでこの先も継続していこうと思っています。

あたしがキレイを維持する為に気を付けていることは2個あります。

1つ目は代謝を上げるということです。

朝起きて一番に、水をグラス1杯飲んでストレッチングをします。
昼間はできるだけ動いたり歩いたり、常に体を動かすようにしています。

座ってばかりいるときにはこまめに足首や膝下を動かすようにしています。
風呂から上がったら体を揉みほぐしています。
老廃物やリンパ液がたまると、浮腫みができたり肌荒れになったり、血の気のない顔色になるからです。

こうして自覚しながら全身の代謝量を増やすと、顔がリフトアップされ体も引き締まります。

2つ目はプラス思考でいることです。

マイナスにばかり考え、鬱憤がたまってしまうと負のエネルギーを放ってしまいます。
前かがみになり、瞳も曇りがちで、への字口になって、まったく良いことはありません。
苦しい時こそ自分にもどこか良い一面があると思って、ポジティブ思考でいることで輝いていて美しい女性に見えるのです。
幾つになってもキレイでいたい!その思いを実現させる為には行動パターンと思考を、セットで前向きにいきたいものですね。

参考:オリファのお試し通販!6日間のトライアルで導入美容液の効果を体験
URL:https://www.dechellytours.com/

誰もが「臭いな」と思いながらも

月曜日, 4月 29th, 2019

あたし自身の汗臭も気に掛かりますが、人の汗臭も気になります。
職場では外での仕事が多いため、冬場でも発汗する事があるんですが、そこにいる全員の汗臭がそこら中にこもってしまう事があります。
誰もが「臭いな」と思いながらも、無視して過ごしています。

けれど、現に汗臭さはそこら中に広がっているんです。
わりと、若者層であれば自分の汗臭さに敏感なところもあって、デオドラントスプレーやウェットティッシュ、デオドラントミストなどを使って、臭いを予防しているのですが、年配の方達はいまひとつ自分の汗のニオイを認識出来ないように感じます。

あと、人間には加齢に伴う、加齢臭も発生するので、よくある汗臭とそれが混ざってしまうことがあるようです。
この頃は防臭効果の高い洗濯用洗剤も購入が可能ので、それらを使うことで汗ばんできたら中和して、清潔感のある匂いに変えてくれるって事なので、パウダースプレーなどをあんまり使用しないような人にはおすすめのデオドラントケアとなります。

それと、発汗したという認識があれば、病気予防にもなる事ですし、「着替える」という対処法も大切だと思っています。
全員が気分良く働ける空間であってほしいです。

カラダから出てしまう臭いは、自身でしっかりと本人の臭いについて自覚しているかどうかで他人への迷惑度合いは変化してきますよね。
人は誰でも「ニオイ」は発するものでしょうし、現代社会では気をつけていく必要がある「マナー」だと強く感じています。
そして、ワタシは両足のにおいが臭いと自覚しています。

それに気付けたのは汗ばむ季節のことで、仕事から帰ってきたあたしに姉が、「足が臭い」と指摘してくれたおかげでした。
何となく「足の蒸れ感」があることは分かっていたのですが、臭いが伴っていたとは恥ずかしながら知らなかったのです。
それ以来、積極的に足汗を掻いたなと思ったらソックスを交換するようにしています。

ですが、できるだけ臭いが強烈にならないようにと気をつけていても「足臭」はするようで、なかなか消えてくれません。
このまま治らなかったら専門医のいる所に行くしかないかもと考えています。
このクサい足裏のにおいを消し去ることができないか、毎日悩んでいます。

夏季などの汗が出る季節には身体から匂いを発しやすくなります。
けれど酷く臭うと隣の人などに嫌な思いをさせてしまいます。
出来るだけニオイケアを心掛けたいところです。

「体臭」にはいろいろな要因があります。
お肉ばっかりって人は臭くなりやすいようです。
肉系の食事は「動物性たんぱく質」が多いので、いっぱい食べていると脂質の分泌が増えて体臭が強くなってしまいます。
「野菜」、「魚」などを多く取り込んで肉類を減らしてみると臭いが変わっていくと思います。

飲酒習慣がある人も臭くなりやすいようです。
アルコールは代謝時にニオイの強い物質にかわります。
その為強い体臭となってしまうのです。

またお酒にはニオイの増強作用があるので体臭の原因になってしまいます。
「アルコール」は暴飲せず適量をいただきましょう。

あとは気に入った履き物をヘビロテしていたり、生足でシューズを履くような人も足が匂いやすいですね。
湿気がどんどん靴の中に溜まっていき匂うようになってしまいます。
とくに足からするニオイはパンチがあるのでちゃんとくつ下を着用して、シューズを3、4足用意して代わりばんこに使ってニオイケアをしましょう。

言わば冷え性体質の汗っかき

土曜日, 4月 13th, 2019

わたしは汗かきさんです。
平熱は普通ですけどカラダの末端の部分はあたたかい、言わば冷え性体質の汗っかきなのです。
ハードな運動はしていないのです。

でも気付くと掌に汗がにじんでいるのです。
夏場はワキに沢山汗をかき、服にシミが出来てしまうほど。
なるたけ汗がたまらないよう、わきのむだ毛は剃っています。

デオドラントアイテムもつけたりします。
それが良かったのかにおいはなくなってきています。
けれども、いくら予防を試みても汗は出てきます。

洋服がベタベタになってカラダにひっつくと不快ですね。
追い込まれた状態になると手に汗をかいてしまいます。
それが気になり、一層追い込まれた状態になるのです。

握手をしなきゃいけない時は危機を感じます。
手汗が凄いという理由で変な目で見られた経験はありませんが、どうしても気になってしまいます。
多汗症に気付かれたくなくて、他人と接触する事も控えめになってしまうのです。

スポーツをしてくても発汗するのが怖いので、家に引きこもりがち。
汗が出るのは良い事なのですが汗はかきたくないと思うのです。

汗をかくほど暑くなると、指から汗が出てきます。
うなじや額などほかの部位からも汗は出るのですけど、最もベタベタした感覚がするのは手の指です。
数年前は両手の指が発汗するなんてほぼなかったのですが、年を取ったら体質が変わってきたようでわたしの悩みのひとつになりました。
汗が流れ落ちるまではいきませんが、例えるなら唐揚げを掌で触ったあとみたいな感覚です。

特に暑い日は、私が良く触るようなものは湿ったりベタベタしたりします。
例えを出すと、携帯は絶えずベタベタした手触りなのです。
汗を拭いてから電話を操作するように心がけているのですが、長時間操作していた場合気付かないうちに発汗していてスマホがベタベタしています。

他にも、財布の方も帰宅後におしぼりなどで水拭きしなくてはいけないほどベタついています。
友人に話してみたら「気にし過ぎじゃない?」と言っていたのですが、実際に使用直後のスマホに触れて貰ったら悩みに共感してもらえました。

私はもともと沢山汗をかく方です。
特に汗をかいてしまう場面は、緊張状態に陥った時です。
前に、某会社の事務をしていましたが、みんながいる前でプレゼンテーションをする時やちょっとしたいざこざがあった時など、脇汗をだばっとかいてしまいます。

それがすごい悩みなので、汗対策は気を使っていました。
一年中スプレーの制汗剤を持ち歩いていますし、出かけるときも忘れず体全体に吹き付けているのです。
そのかいあってか、他人に「汗のニオイすごいね」と言われるようなことは無かったです。
思うにデオドラントで抑えていなかったら、まわりの人に嫌われしまっていた事でしょう。

手汗もよくかくので、カレと手をつないだりするのは嫌でした。
平常心を保てなくなるため、一段と汗がでてきてしまうんです。
夏場は一日に何回もシャワーで汗を流したくなるのです。

「私の汗臭で他人に不快感を与えているのではないか」と考えてしまい、大変怖くなるのです。
汗をあまりかかない人って羨ましいですね。
生まれつきよく汗をかくので、今後も汗と付き合わなければならないのかって思ったらうんざりします。

夏場は自分でも自覚できるくらいのクサい体臭がする

日曜日, 3月 10th, 2019

もともとよく汗を掻く方で、私自身の汗の臭いには絶えず注意しているのですが、とりわけ夏場は汗ばんでくると自分でも自覚できるくらいのクサい「体臭」がします。
年をとってからはますます酷くなっていて、少しばかり汗が流れただけでも洋服から汗臭がしてしまい、着替える以外に消臭方法がないほどになりました。

夏でも冬でも日常的に制汗デオドラントを利用しているのですが、結局気休めにもならないというか、年を追うごとに効果が薄れてきているような気がします。
とにかく、ちょっと身体を動かしただけでも発汗がすごいので、夏場はマジで気が滅入ります。

四十歳過ぎで加齢による体臭が出るのは当然と言えましょうが、自力で防臭ケアしようとしても、今の対処法では結局のところすぐに効き目がなくなってくるので、なにか上手いケア方がないかと悩んでいます。
体臭対策に効果があるやり方があるならば是非聞きたいです。
自身のニオイは重々承知しているので、周りの人に迷惑を掛けているのがホントにすまなく思います。

私は物凄くニオイに敏感です。
他の人の臭いはもちろんあたし自身の「ニオイ」も認識出来るので自分のニオイについては物凄く気をつけています。
自分が臭いと思われたくないですし、人にストレスをかけたくないので注意しています。
人から出る匂いは汗ばみがちな夏季にキツくなりやすいです。

体の臭いが悪臭になってしまう要因は色々あります。
体の臭いはその人が本来持っている「ニオイ」もありますが、大体は本人のライフスタイルが関係しています。
とりわけ食習慣と体臭の関係性は深いです。

油分が多い食事をしている方の臭いは往々にしてきついですが、野菜中心の健康的な食を好む方の匂いは弱いことが多いです。
体臭の大敵は脂肪分の多い食事内容です。
なるべく脂質量をへらすことで、実感できるレベルでニオイを軽くする事が出来ます。

またアルコール類も体臭をきつくする大きな要因です。
アルコール類を楽しみすぎたあくる日などは口臭だけでなく、体臭も強くなってしまいます。
そうしたそれぞれの「生活習慣」が次第にその人個人の匂いを形作っていきます。
「体臭」は周囲の人に迷惑を掛けてしまうものなので、1人1人が注意して臭わないようにすることが大事ですね。

現在ケアセンターで仕事をしている二十代の女です。
汗が出るくらい動き回る仕事ですので仕方ないのですけど、あたしは非常に足がにおいます。

しかも必ず仕事が終わった後だけ。
仕事が終わって、クツを脱いだときのあの凄まじい臭い。
笑ってしまうくらいクサいです。
そこで自分なりの足の臭い対策を試行錯誤してみたのでお伝えします。

いちばん最初に行った事は、スーパーなどで売っているクリームタイプの足専用デオドラント剤です。
仕事前にひと塗り、夜勤の日は仮眠前につけていました。
でも効きはいまいちでした。
クリームを塗ったときはサラサラしていて効果を期待していたんですけど…。

次に試してみた事は念入りに洗うことと乾燥です。
入浴時は当たり前ですが、仕事の休憩時間にまで足を洗い、なるべく蒸れない様に心がけました。
それでも効果はあんまりでした。
ちょっとだけ軽くなったかな?という感じ。

そして最後は仕事で履いている靴と靴下を全部替えてみたのです。
そうしたらみるみるうちに匂わなくなったのです。
思うに同じクツを毎日使っていたのでばい菌が蕃殖し、使い古していたクツシタがムレてニオイを増やす原因になったと思うのです。
あんなにも悩まされていた足のにおいは意外な方法で解決することが出来ました。

汗に関する悩みって、当事者の劣等感になってしまうので大変煩わしいです。
髪型が決まらないだとか、服装の問題であれば、大した問題ではありません。
そこそこのセンスを持っている美容師さんの力を借りることで、あっさりと解決するということもよくあるのです。

だけど、汗の悩み事というものは重大な問題があります。
その訳は、その人の身体に原因があるという可能性があるためです。

さらにもう一つ厄介なのが、汗の悩みというのは、自身では気付きにくい事なのです。
ですから、当人は汗臭なんてしていないと思い生活しているのですが、周囲に迷惑をかけているといった悲しい状況になる事もあるのです。

汗の悩みというのはそういう点が深刻なので、なかなか解決策が見つかりません。
デオドラント剤を買ったとしても、その人に相応しい物でなかったら、汗臭と混同してしまいもっと変なニオイになってしまうのです。
汗に関する悩みはなるべく友だちなどに早めに打ち明けた方がいいのではないでしょうか。

参考:デオシーク通販 | ワキガ対策にクリームとボディソープで徹底ケア
URL:https://www.universal-healthcare.biz/