食べることを大切にするようになった今日この頃

若い時にはコンビニでササッと準備する手間隙要らずの食事を好んでいたこともありました。
ファストフードが一番美味しいと感じていた時期も。
美味しいラーメンなら毎日でも食べられると豪語していた記憶もあります。

しかしながら、今。
コンビニフードは続くと飽きてしまい、選ぶのも億劫になります。
ファストフードやラーメンを食べると胃がもたれます。
家で食べるのが一番いいと感じています。

「何を食べようかな」と思いを巡らす時。
玉子とご飯があるから、オムライスにしよう。
さっき野菜を食べなかったから、八宝菜でも作ろうか。
疲れているみたいだから、温かいスープを飲んで、早く寝よう。
過ぎた食事内容の反省点を献立に生かしたり、健康診断での結果で食習慣を見直したり。
若い時にはどうでも良かったことに敢えて着目して、自分を労わる。

「安いもの」「手軽なもの」が食生活上のキーワードだった若い頃を経て、今は「身体が喜ぶもの」が前提です。
お陰で身体は健康そのもの。
身体が欲するものを的確に察知できる大人になりました。

Comments are closed.