誰もが「臭いな」と思いながらも

あたし自身の汗臭も気に掛かりますが、人の汗臭も気になります。
職場では外での仕事が多いため、冬場でも発汗する事があるんですが、そこにいる全員の汗臭がそこら中にこもってしまう事があります。
誰もが「臭いな」と思いながらも、無視して過ごしています。

けれど、現に汗臭さはそこら中に広がっているんです。
わりと、若者層であれば自分の汗臭さに敏感なところもあって、デオドラントスプレーやウェットティッシュ、デオドラントミストなどを使って、臭いを予防しているのですが、年配の方達はいまひとつ自分の汗のニオイを認識出来ないように感じます。

あと、人間には加齢に伴う、加齢臭も発生するので、よくある汗臭とそれが混ざってしまうことがあるようです。
この頃は防臭効果の高い洗濯用洗剤も購入が可能ので、それらを使うことで汗ばんできたら中和して、清潔感のある匂いに変えてくれるって事なので、パウダースプレーなどをあんまり使用しないような人にはおすすめのデオドラントケアとなります。

それと、発汗したという認識があれば、病気予防にもなる事ですし、「着替える」という対処法も大切だと思っています。
全員が気分良く働ける空間であってほしいです。

カラダから出てしまう臭いは、自身でしっかりと本人の臭いについて自覚しているかどうかで他人への迷惑度合いは変化してきますよね。
人は誰でも「ニオイ」は発するものでしょうし、現代社会では気をつけていく必要がある「マナー」だと強く感じています。
そして、ワタシは両足のにおいが臭いと自覚しています。

それに気付けたのは汗ばむ季節のことで、仕事から帰ってきたあたしに姉が、「足が臭い」と指摘してくれたおかげでした。
何となく「足の蒸れ感」があることは分かっていたのですが、臭いが伴っていたとは恥ずかしながら知らなかったのです。
それ以来、積極的に足汗を掻いたなと思ったらソックスを交換するようにしています。

ですが、できるだけ臭いが強烈にならないようにと気をつけていても「足臭」はするようで、なかなか消えてくれません。
このまま治らなかったら専門医のいる所に行くしかないかもと考えています。
このクサい足裏のにおいを消し去ることができないか、毎日悩んでいます。

夏季などの汗が出る季節には身体から匂いを発しやすくなります。
けれど酷く臭うと隣の人などに嫌な思いをさせてしまいます。
出来るだけニオイケアを心掛けたいところです。

「体臭」にはいろいろな要因があります。
お肉ばっかりって人は臭くなりやすいようです。
肉系の食事は「動物性たんぱく質」が多いので、いっぱい食べていると脂質の分泌が増えて体臭が強くなってしまいます。
「野菜」、「魚」などを多く取り込んで肉類を減らしてみると臭いが変わっていくと思います。

飲酒習慣がある人も臭くなりやすいようです。
アルコールは代謝時にニオイの強い物質にかわります。
その為強い体臭となってしまうのです。

またお酒にはニオイの増強作用があるので体臭の原因になってしまいます。
「アルコール」は暴飲せず適量をいただきましょう。

あとは気に入った履き物をヘビロテしていたり、生足でシューズを履くような人も足が匂いやすいですね。
湿気がどんどん靴の中に溜まっていき匂うようになってしまいます。
とくに足からするニオイはパンチがあるのでちゃんとくつ下を着用して、シューズを3、4足用意して代わりばんこに使ってニオイケアをしましょう。

Comments are closed.