まごはやさしい献立作り

多くのスキンケア商品、美肌のためのサプリメントなどがある昨今ですが、やはりダイレクトに肌に響くのは「日々の食事」な気がしています。
まずは毎日の三食バランスのとれた食事が大切で、美容も健康もすべての土台はまず食事からだと思っています。

それは高価なものや、特定のひとつの食品をずっと食べ続けるということではなくて、出来る限り色々な食材をとりいれること。
私は簡単にチェックする方法として、祖母から教わった「まごはやさしい」を頭に入れています。

特に夕飯の献立を考える時に、役にたってくれていて豆類、ごま、海藻、野菜、魚類、きのこ類、芋類で、「まごはやさしい」と、指でひとつずつ折って数えながら何か食べていないものはないか、確認しながら献立作りをすると自然とバランスのとれた食事になっていく気がするのです。

そして、そんな献立が続いた日はやはり身体の調子もいいし、お肌の調子もいい気がしています。

少し疲れていたり、ストレスを感じている時こそ「まごはやさしい」と唱えながら献立を考える。
それが高級化粧品を塗ったり、またはサプリに頼ったりすることよりもお肌の調子には効果があると、思っています。

Comments are closed.